松本モーツァルト・オーケストラ
松本モーツァルト・オーケストラ
松本モーツァルト・オーケストラ

紹  介

松本モーツァルト・オーケストラ

Matsumoto Mozart Orchestra

2008年1月、モーツァルト交響曲全52曲を演奏する為に結成された。モーツァルト交響曲・全曲演奏会実行委員会の下、芸術監督に横島勝人氏・コンサートマスターに故牛山正博氏を起用し、2018年の10月までに23回の演奏会行って交響曲全52曲の演奏を終えた。 2019年5月にはシリーズを締めくくる特別演奏会として、モーツァルトのレクイエムを演奏した。
2019年10月からは芸術監督に引き続き横島勝人氏を、またコンサートマスターに田名部潤氏を起用してベートーヴェン交響曲全9曲の演奏に取り組む。これまでの小編成での演奏スタイルとメンバーで研究しつつ演奏会に挑む姿勢を踏襲し、モーツァルトの楽曲も取り入れながら活動を継続していく。

姉妹グループ

アンサンブルMMO
松本モーツァルト・オーケストラの首席コンサートマスター故牛山正博氏が率いた室内アンサンブル。遺志を引き継ぎ、二重奏から室内オーケストラまで曲目に応じて様々な構成で演奏活動を行っていく予定。
2019年11月には松本市音楽文化ホール(小ホール)にて弦楽四重奏の演奏を予定している。

Trio MMO
2014年12月に、松本モーツァルト・オーケストラのメンバーから生まれたフルート、ヴァイオリン、ヴィオラから成るトリオ。松本だけでなく広い地域で多くの演奏活動を行っている。

依頼による演奏

松本モーツァルト・オーケストラでは、演奏の依頼もお受けしています。 例えば このような演奏 を行いました。
いろいろな編成で演奏できますので、気軽にお問い合わせください。

松本モーツァルト・オーケストラ 実行委員会

前身は、2007年秋に結成された「モーツァルト交響曲・全曲演奏会 実行委員会」。 松本モーツァルト・オーケストラが新たな活動を展開するのに合わせて再構成された。 この実行委員会は、1年に2~3回の演奏会を開催し、ベートーベンの交響曲に取り組む松本モーツァルト・オーケストラの演奏会を全面的にバックアップしている。 実行委員長 は古幡開太郎氏、副委員長を増田博志氏と山田哲男氏が努める。 実行委員は十数名を数えるが、志あるスタッフを随時募集中。

芸術監督 横島 勝人
実行委員長 古幡開太郎 顧問 牛山 勝男
副委員長 増田 博志 山田 哲男
事務局長 堀内 広水 総務 堀口 洋子
会計 抜井 義昌 印刷・デザイン 宮田貴美子
実行委員 青木 孝學 牛山 孝介 牛山 千史 牛山 尚子
勝野  亨 田名部 潤 長縄 建三 野田あゆ子
林  清平 林  哲郎 山崎 智幸 横山  睦

芸術監督      協 賛